【お知らせ】
あのミュゼが、またまた新しいキャンペーンを始めました。
期間限定ですので、気になる方は今すぐチェックしてくださいね。

ミュゼ

エステティックでの永久脱毛の良さは知っていながらも

むだ毛処理には、医療機関での医療用レーザー脱毛やエステティックサロンでの光脱毛(IPL脱毛・フラッシュ脱毛・プラズマ脱毛など)が手間もかからず綺麗に脱毛できるとして評判が高いようです。

『イーモリジュ』を利用すれば ですが、永久脱毛とはいうものの満足のいく脱毛効果が得られるまでには1〜2ヶ月おきに1年近く通わなければいけないという難点があります。

それとともに、回数が増えれば増えるだけ費用もかさんでしまいます。

特にむだ毛が多い人は全身をエステで脱毛するとなると、何百万円もかかってしまう事にもなります。

それだけでなく、施術の時間は数十分で終わるとしても、わざわざサロンに足を運ばなければいけませんし、人によっては他の人にエステに通っているのを知られるのが恥ずかしいという人もいます。

そういった理由から、エステティックでの永久脱毛の良さは知っていながらも、自宅で地道に毛抜きで抜いたり剃ったりしている人が多いようなのです。

そういった人に人気となっているのが、自宅に居ながらエステでの永久脱毛が自分でできるという『イーモ』や『イーモリジュ』の家庭用脱毛機です。

『イーモ』や『イーモリジュ』を利用すれば、自宅で気軽にテレビを見ながらでも出来ますし、わざわざエステに通う必要もないのです。

イーモとイーモリジュの違いというのは、イーモリジュは従来からあった家庭用脱毛器イーモのパワーアップバージョン という事になります。

イーモでも十分な脱毛効果が期待できるのですが、イーモリジュは、光の照射出力がアップし3連続照射(トリプルショット)が可能、照射間隔が最短で3秒になるなどかなり進化されているようです。

また、光エステ機能も搭載され、美顔器として使用する事もできるようになったのです。

イーモリジュは家庭でも使えるようになっていますので、医療レーザー脱毛ほど強力なレーザーを照射できるわけではありませんが、エステ並みに照射できるのです。

難点は初期費用がかかってしまうということで、イーモリジュは89,000円となっています。

ですがエステでも5〜6回は通わなければいけませんので、トータル的にみるとイーモリジュの方が費用がかからない場合もあるのです。

気になるところが、自分自身で施術するため、肌荒れや炎症などをおこしてしまう可能性があるという事です。

特に皮膚の弱いビキニラインなどは注意が必要で、正しい使用方法とケアが重要になってきます。

肌荒れが気になるという人は、そういったデリケートな部位やわきの下などのむだ毛が多い部位だけエステでおこない、他の肌の強く照射する範囲が広い腕の毛、足の毛、デコルテなどはイーモやイーモリジュでおこなうという使い分けをするのが理想的かもしれません。



脱毛器:イーモ