【お知らせ】
あのミュゼが、またまた新しいキャンペーンを始めました。
期間限定ですので、気になる方は今すぐチェックしてくださいね。

ミュゼ

光が間隔をおいて点滅する

エステティックサロンなどでおこなわれている脱毛法にIPL脱毛があります。

IPL脱毛 IPL脱毛とは、Intense Pulse Light(インテンス パルス ライト)の略で、光が間隔をおいて点滅するという意味になります。

IPLや医療脱毛の光は黒いメラニン色素のみに反応します。

そのため、肌に照射すると皮膚を通過して黒い毛に影響を与え、光を吸収した毛は熱を帯び、毛乳頭・毛母細胞のタンパク質ダメージを受けて脱毛するという仕組みになっています。

そのため肌への損傷が少ないばかりか、IPL脱毛の光は380nm〜800nmの可視光線で、この可視光線は肌を活性化する効果があり、毛穴を塞ぎますのでツルツル美肌になるのです。

安い 医療脱毛のレーザーが10mm×10mmの照射範囲に対し、10mm×20mm程度の広範囲を照射できるため、短時間で施術が終わるというのも特徴です。

医療レーザー脱毛だけでなく、他の脱毛方法と比較しても傷みが少なく脱毛できるというのもメリットいえます。

IPL脱毛の他にフラッシュ脱毛やプラズマ脱毛と呼ばれる脱毛方法がありますが、同じ光を使い毛乳頭・毛母細胞を破壊するというメカニズムのため同じ脱毛法とも言えます。

IPL脱毛の欠点は、黒いものに反応する光ですので、ほくろやシミなどがある部分に関しては使用できません。

また肌への負担も少ないといっても全くないわけではなく、個人差がありますが痛みを感じる人もいます。

特に乾燥肌の人にはあまり向かない脱毛方法のようです。

またIPL脱毛は1回で終わるわけではなく、効果を上げるためには1〜2ヶ月おきに合計5〜6回程度は照射しなければいけませんので、エステティックサロンに通うとなると費用はかさんでしまいます。

家庭用脱毛機に『イーモ』『イーモリジュ』がありますが、これらの製品も同じIPL脱毛を利用したものですので、エステティックサロンでおこなうIPL脱毛と同じ効果が期待できます。

むだ毛が多く照射する範囲も多いという場合にはエステでは時間もかかりますし、費用もかなりの高額にもなってしまいますから、『イーモ』や『イーモリジュ』購入する方が向いているかもしれません。

自分でおこなうのは肌への損傷があるかもしれないから不安だという人は、ビキニラインやわきの下などデリケートな部分だけをエステサロンで脱毛してもらうなど使い分けをするのもいいかもしれません。


脱毛器:イーモ